医学部予備校

医学部予備校の費用とサービスを徹底比較|医学部予備校LEO

評判の良い医学部予備校を比較しました

予備校名 エリア 学費 主なサービス
医学部特訓塾 東京都杉並区 要資料請求 年間学習層時間2602時間。少人数制でしっかり、みっちり学習。家具あり、朝夕食付の寮もあるので医学部特訓塾に遠方から入学する場合も安心です。
お茶の水メディカル 東京都千代田区 個別授業(1H)
¥6,500〜
個人授業により、学力バランスをしっかりと調節。先生を独占することでわからない箇所をピンポイントで質問できますし、質問も思い切り出来ます。
GMS医学部進学会 東京都新宿区 要資料請求 正統派医学部進学予備校。きめ細やかな指導で合格へとしっかり導いてくれます。2寮施設もしっかり整っており、安心して通塾できます。※特別コースあり

※詳しい料金やサービスにつきましては各予備校にお問い合わせください。

 >>その他の予備校はこちら

 

医学部受験の実情

医師を志す人、子供に医師になってほしいと思う親は、今も昔も大勢います。
大学受験が加熱した時代では裏口入学なるものまで出てきた程、医学部入学の道は非常に狭き門でした。

 

では、現在はどうなのでしょうか。
少子化の影響により大学は全入時代へと傾いていますし、医師不足も深刻な問題となっています。
そういった流れからも、医学部入学は容易になってきたのでしょうか。

 

いいえ、それは医学部には当てはまりません。
依然として狭き門である事は間違いないのです。
長引く不況により大企業でも倒産するという現実を目の当たりにしたことから、学生達の意識も変わってきました。
文系では就職しにくい、サラリーマンでも安心できないという事を実感し、
公務員や司業系、医師などより安定した職業を希望する人達が増えてきたのです。

 

また医師免許を取得するその仕組みも、医学部受験を厳しいものにしています。
他の職業は、それに準じた学部を卒業せずとも実務経験があるなど免許取得の道が開けています。
しかし、医師に関しては必ず医学部を卒業していなければならないのです。
つまり、医師を志す人は全員医学部を目指すという事になります。

 

このように現在においても、医学部受験は大学受験において最も競争が高く合格の難しい学部である事が分かります。

 

この難関を突破するには、しかるべき準備と対策が必要になってきます。
中には、学校の勉強だけで受かる人もいますが、ごく稀だと考えておいた方が良いかもしれません。

 

当サイトでは、医学部受験をサポートする医学部予備校に関しての情報を紹介していきます。
サポート体制や料金比較など掲載していきますので、参考にしてみてください。

 
 

ホーム RSS購読